Pocket

世界の挨拶諸説ある名刺の起源ですが、最も有力とされるのは中国が発祥であるという説です。2000年程前の古代中国では、地位の高い人に接触をはかる場合、竹などに自分の名前を刻んで取次の人に渡していたことが名刺の始まりとする説があります。また、同様に唐の時代に、訪問先が留守であった場合、その家の戸口に竹などの木の札に自分の名前を記したものを刺しておくといった習慣があったのですが、これが現代の名刺につながったとする説もあります。

一方日本でも、訪問先が留守の場合、墨で自分の名前を書いた和紙をその場に残していくという同様の習慣がありました。しかし、現在のような紙のカードの名刺が日本で使われるようになったのは、幕末開国の頃にヨーロッパの影響を受けてからです。ヨーロッバでは16世紀にイタリアでドイツ人留学生が留守宅に名刺を残したという記録が残っています。やはり、ドイツでも訪問先が留守だった場合に、署名をしたカードを残していくといった習慣があったようです。

その後18世紀にはヨーロッパ社交界で名刺は大いに重宝されることになりました。日本では幕末開国の頃に役人がヨーロッパスタイルのカードに名前や家紋を印刷した名刺を作り、外国人と接する時に使うようになりました。現在のカードスタイルの名刺はこのようにしてヨーロッパから日本に伝わったのです。

 

名刺の歴史と日本型、欧米型

 

名刺は、主にビジネスの場での自己紹介および儀礼として手渡されるものです、通常は氏名を強調して、自分の名前を覚えてもらいます、次に会社の所属部署や職位(いわゆる肩書き)、電話番号、やアドレスを記載つるのが通常です。最近では国際色が強く、裏側が英語表記になっているタイプのものもあります。また、印刷技術の高度化により、自分の顔写真やWebサイトのURLやメールアドレスを記載しているものもあります。

通常は厚めの紙が用いられ、一般的なものは人の手よりも小さく、携帯性がよいサイズで統一されています。

日本では仕事での初対面の場合、交換を行う慣習が定着しており、東南アジア諸国でも同様です、逆に欧米では名刺の交換自体はあまり行われていなかったが、最近ではアジア圏でのビジネスが増えてことにより、普通に行われるようになってきています。

欧米と日本での交換タイミングはちょっと違います、、欧米では商談等が終わり、分かれる時に氏名や役職、連絡先などの確認を、今後のために交換する場合が多いのですが、、日本では大体商談に入る前に交換をすることが一般的です。

最近のプリンタ機能の向上に伴い、学生でも自分だけのオリジナルなものを簡単につくれるようになっています。

 

名刺の歴史とどう使われていたか。

名刺はサラリーマンには、欠かせないものですし、事業をしている個人でも欠かせないものでしょう。使われているのはアジア圏が多くて中国や台湾、韓国や日本などでしょう。もちろん紹介の道具ですので名前をいちばん大きくして、住所や電話番号を下の方に小さく書くのが普通でしょう。また裏側には英語表記が成されたりしていますね。外国人との接触も意識されています。今ではそういうことが多いので、裏が英語の名刺はよく見られます。

私も貿易関係の仕事でしたから、裏は英語でした。今はもうインターネットが盛んに使われていて、スマホもあり商売に欠かせないものですので、代わりにメールでのやり取りがおもになっているようですね。だんだん廃れていくのかもしれません。というよりも紙ではなくて同じようなものをメールでやり取りするのでしょう。写真入のものありますが、何とフランスで最初に1850年ごろ特許を取っているそうで、その頃はパーティで使われていたそうです。

また他の国例えばロシアやドイツでも貿易に限って使っていたとか。そのように歴史的にも面白い流れで今に至っているということですね。

Pocket

高校生名刺とは自らの名前、連絡先を記した手のひらサイズのカードのことで、主にビジネスの場で、自己紹介、或いは連絡先を相手に伝えるために用いられています。もともとは、ビジネスなどの公の場で使われていたものでしたが、近年では交友関係を広げようと勤める学生をはじめ、職を持たない主婦や中高生の間でも名刺を持つことは珍しくなく、日本の社会ではすっかり浸透しています

顔写真やイラスト、自分独自のマークをデザインし施したりして、オリジナリティー溢れる名刺を作り楽しんでいる人が増えています。名刺を作る方法も様々あり、法人や団体が一括し同じデザインでメンバー全員のものを作成することがある一方、個人レベルでも、製作会社にお願いすることで、オリジナルの名刺を作ることができます。最近では自宅のパソコンで、名刺作成ソフトを使ってデザインから印刷まで自分で行ってしまう人も増えています。もちろん、デザインだけ引き受けてくれる業者、印刷だけ引き受けてくれる業者もあるので、いかようにも名刺を作成することができます。

日本ではビジネス用途からプライベート用まで一気に広がりを見せている名刺ブームですが、海外では若干事情が異なるようです。アジア諸国では日本同様、ビジネスシーンで最初に名刺交換をするのが一般的ですが、そもそも欧米では、相手の目をしっかり見て握手をすることが、ビジネスの場の挨拶のマナーであり、名刺交換はあまり重要視されません。とはいうものの、ビジネスの場が国境や海を越えてボーダーレスとなっている昨今では、経済成長を遂げるアジアの影響を受け、欧米でも名刺交換が習慣化しつつあるといえます。

 

 

名刺が持つ意味を考える

名刺の役割は、自分の情報を正確に、分かり易く伝える事です。自分に関する最も基本的な、氏名・身分を相手に、即座に分かってもらえます。名刺なしで商談や面談を行うと、双方の情報交換から、始めなければならないので、それだけで相当な時間を費やします。仕事を滞らず行うための、必需品とも言えます。

また、仕事を成功させたり、新しいビジネスチャンスをつかむため、人脈の形成に力を入れる方の、きっかけ作りにも役立ちます。種類として、通常タイプの他に、四隅の角を丸くした角丸タイプや、情報をたくさん入れるための二つ折りにするタイプがあります。アピール度の高い名刺を望む方のために、多くの紙が存在します。

一例として、光珠ピンク・パールカラーグリーン・ハイカラーダイヤ・ハイカラーオーロラ・桧等、多彩です。大きさは長辺91mm短辺55mmサイズが標準です。女性用として、81mm×45mmなど、いくつかのサイズがあります。顔写真を印刷する事もあります。特殊な職業用の名刺も存在し、舞妓さん用には「花名刺」と呼ばれるものもあります。

取り扱う上で、名刺を切らさない事に留意しましょう。せっかくのビジネスチャンスを、無駄にしないよう、細心の心配りが必要です。

 

名刺を作って情報を渡す準備をしておく

人とやり取りをすることになると、時間が必要になります。しかし、その時間がない時に名刺を渡しておくようにしておくことができるようになると、連絡をとることができるきっかけを与えるようになります。後日連絡を取るためにも、そのような物を持っておくと便利です。もちろん、時間があれば、情報をやり取りしながら伝えていくことができます。しかし、都合よく時間を合わせることが出来るとは限りません。また、それだけでなく、情報は目に見えないものなので、忘れられてしまいます。

名刺のように形として残しておくことができるようになれば、それを再び見返すことが出来るようになります。そうすることによって、仕事の依頼を再度かんがえなおすきっかけを与えることが出来るようになるのです。そのようにして、人が気付いてアクションを起こしやすいようにしておくことができる仕組みを作っていくことは非常に大切なことになるのです。

もしも、集客が不十分だとしたら、そのように情報を上手く伝えきれていないのかもしれません。そのため、それを埋める活動をおこなっていくことが大事です。思い出すことが出来るような仕組みを上手く作っていくことが大事になってきます。