Pocket

主婦名刺は相手の分身、などという考え方はビジネスでの話で、プライベートでの名刺交換はもっと自由で楽しいものです。活動の中で多くの人と交流を持つ学生をはじめとして、現在では、仕事を持たない主婦から子供まで、工夫を凝らした名刺を作り、知り合った人に渡して交流を広めています。名刺に記載する内容もあくまでプライベートなものですから自由で、オリジナリティー溢れるものにできます。

名前、電話、メールアドレス等のほか、生年月日や血液型、興味のあることや自己アピールまで、まるで小さな履歴書のように仕上げることもできます。かつての家紋のかわりであるかのように、自らデザインした自分のロゴマークまで入れてしまう人もいます。デザイン会社や印刷会社に作成を依頼することもできますし、ネットで探せば、名刺作成ソフトを無料ダウンロードすることができるので、自宅でデザインから印刷まですべて自分で行うこともできます。

現在では、新たに出合った人とはメールアドレスで連絡先を交換するのが主流ですが、従来の携帯電話を持っている人とスマートフォンを持っている人が混在している状況ですから、お互いのアドレス交換も思いの外手間がかかります。また、一度に多くの人のアドレスを自分の機器におさめるのも時間がかかりますから、名刺を交換する方が簡単で効率が良いと言えるでしょう。若い人を中心に多くの人と知り合いになることを望む風潮のある昨今、名刺はビジネス目的にとどまらず、プライベートでも重要な役割を果たしていくこととなるでしょう。

関連【https://www.designmeishi.net/product/?category=プライベート名刺

名刺に写真を入れるのも

名刺を作るときには写真を入れるのもお奨めです。写真を入れるメリットは何よりも自分の顔を覚えてもらいやすくなるということです。一度会って顔を見ただけでは後で名刺を見たときに顔と名前が一致しない可能性もあります。しかし写真があればすぐに一致するのです。顔が分かればビジネスでも有利になるかも知れません。自分で名刺を作るときにも簡単に写真を入れることができます。

写真の撮影は携帯のカメラなどからでもできます。もしも証明写真などを使いたいのでしたら、証明写真をプリンターのスキャナで取り込んでください。携帯で撮影した場合はそのまま写真をメールに添付してパソコンのほうに送ってください。その後フォルダから写真のデータを取り出して、元々名前なども配置している名刺の空いているスペースに貼り付けるのです。写真入りの名刺を作るためのテンプレートもあるのでそれを活用してみるのもいいかも知れません。こちらでしたら写真を入れる分のスペースも計算されて配置されていますので見た目にもすっきりとしてきれいになります。顔写真のシールを作って後で名刺に貼り付けるという方法もありますが、あまり見た目にきれいな方法ではありませんのでそのまま名刺に印刷するようにしてください。

名刺用の紙を選ぶなら

名刺用の紙を選ぶのでしたら、まずはどのようなプリンターで印刷するのかを考えてください。もしもインクジェットプリンターを使って印刷をするのでしたらインクジェット専用の名刺用紙がありますのでそれを使ってください。通常の専用でない用紙を使いますとインクジェットではにじんでしまいますが専用の紙ですとにじまずきれいに印刷することができます。そしてレーザープリンターを使うのでしたら基本的にはどのような紙でもかまいません。

インパクトを持たせたいと思っているのでしたら光沢のある紙を使うのもお勧めです。名刺用の光沢紙というのは通常写真などで使われるような光沢ではありません、少し光加減をおさえています。おちうのもあまりにも光沢が多すぎますと反射して見えにくくなってしまうからです。

その他にも和紙の名刺用紙などもあります。和紙を使っていますとにじむようなイメージがあるかと思いますが、案外そうでもありません。レーザープリンターならきれいに印刷できます。またインクジェットで和紙印刷をしたい場合には和紙風の用紙もあるのでこちらのほうを使ってみてください。そうすると非常にきれいに印刷できます。

用紙を選んで素敵な名刺を作ってください。

Pocket

地球名刺消費量の世界一は日本だと言われています。実際、ハリウッド映画などで日本人ビジネスマンが登場するシーンでは、頭をぺこぺこ下げながら、名刺を差し出すシーンが滑稽に描かれていたりします。それほどまでに日本人イコール名刺というイメージが強いのです。現在のカードスタイルの名刺を使い始めてからまだ歴史の浅い日本ですが、ビジネスにおける名刺使用におけるルールやマナーは、どの国よりも確立されているといえます。

ビジネスの際には、取引相手のメンバー全員にもれなく名刺を渡す、相手の名刺より自分の名刺を下に持つ、受け取った名刺は相手の分身と思って丁寧に管理する、などの細かなマナーは日本人ビジネスマンにとってはもはや常識ですが、他の国ではそこまで名刺を重要視していないようです。欧米では、はじめて会うビジネスの相手とは、目をしっかりと見て握手をするのが基本のマナーですし、名刺は常に携帯しているものの、別れる際に連絡先を知らせるといった意味合いで渡すことが多いようです。しかも、メンバー全員ではなく、代表者一人だけに渡します。

国によって名刺の意義は多少違いがあるものの、近年国をまたがるビジネスが増え、欧米各国も、日本をはじめ、韓国、シンガポールなど、同じく名刺を重視するアジア諸国との取引が増加するにつれて、日本式の名刺交換に倣う風潮がでてきました。郷に入れば郷に従う、を越えてビジネスマナーもワールドワイドのスタンダードが出来上がりつつあることの表れではないでしょうか。

 

ヨーロッパのビジネスマンの名刺

ヨーロッパの人たちとビジネスをしていると、その名刺のデザイン性の高さに驚かされます。日本のビジネスマンの名刺と言えば、四角に肩書きが大きく書かれたシンプルなものが多いです。役員クラスになってようやく豪華なものが配られるぐらいです。

ところがヨーロッパのビジネスマンのものは、シンプルに見えても形がおしゃれだったり、カッティングにこだわっていたり、カラフルだったり、さすがヨーロッパ、という感じです。デザイン性の高い商品がヨーロッパに集まっているのも納得です。役員クラスの人たちだけでなく、役職の無い人たちでも、おしゃれなものを持ち歩き、配っています。会社と自分を代表するものなので、それぐらいこだわるべきだと思います。

日本の場合、ビジネスは固いもの、という固定観念が影響しているのでしょうか。これは少し残念です。一番最初に相手に渡すものですし、自分の個性を表現して、覚えてもらいやすくするためにも、もっと自分でデザインできれば良いのに、と思います。

最近は個人の情報を書いたものをSNSのオフ会で配るのも流行ってきています。これからは日本のビジネスマンももっとおしゃれなものを持ち歩く時代が来るものと思います。

 

東アジア圏と欧米とで見る名刺の相違

名刺には主に氏名、肩書き、連絡先を記してあり、それらを相手に伝えるために手渡されます。用紙の大きさやレイアウト形式に特別な決まりはないものの、利便性や保管のしやすさから人の手よりも小さなサイズのやや厚めの紙に、氏名を最も強調するのが一般的です。

近年では、メールアドレスやウェブサイトのURLも記載したものや、より印象づけるべく顔写真も掲載したものもあります。日本、中国、台湾、韓国など東アジア圏のビジネスシーンにおいては、初対面の挨拶時に名刺を交換します。この慣習は東南アジア諸国でも一般的になりました。

欧米においては、かつては主に社交の場で氏名のみが記された名刺が交換されていましたが、東アジアへのビジネス進出やネットを介した交流の拡大に伴い、ビジネスシーンでの使用も増えてきました。但し、商談を始める前である会った直後ではなく、別れ際に互いの氏名や連絡先を確認するために交換されることが多いです。

また、用紙の標準的なサイズにも違いがあります。日本の名刺の標準サイズが91ミリ×55ミリであるのに対し、西洋の名刺の標準サイズは89ミリ×51ミリとやや小さめです。しかし、どちらのサイズにも、最も美しい比率である黄金比が用いられています。

 

 

Pocket

世界の挨拶諸説ある名刺の起源ですが、最も有力とされるのは中国が発祥であるという説です。2000年程前の古代中国では、地位の高い人に接触をはかる場合、竹などに自分の名前を刻んで取次の人に渡していたことが名刺の始まりとする説があります。また、同様に唐の時代に、訪問先が留守であった場合、その家の戸口に竹などの木の札に自分の名前を記したものを刺しておくといった習慣があったのですが、これが現代の名刺につながったとする説もあります。

一方日本でも、訪問先が留守の場合、墨で自分の名前を書いた和紙をその場に残していくという同様の習慣がありました。しかし、現在のような紙のカードの名刺が日本で使われるようになったのは、幕末開国の頃にヨーロッパの影響を受けてからです。ヨーロッバでは16世紀にイタリアでドイツ人留学生が留守宅に名刺を残したという記録が残っています。やはり、ドイツでも訪問先が留守だった場合に、署名をしたカードを残していくといった習慣があったようです。

その後18世紀にはヨーロッパ社交界で名刺は大いに重宝されることになりました。日本では幕末開国の頃に役人がヨーロッパスタイルのカードに名前や家紋を印刷した名刺を作り、外国人と接する時に使うようになりました。現在のカードスタイルの名刺はこのようにしてヨーロッパから日本に伝わったのです。

 

名刺の歴史と日本型、欧米型

 

名刺は、主にビジネスの場での自己紹介および儀礼として手渡されるものです、通常は氏名を強調して、自分の名前を覚えてもらいます、次に会社の所属部署や職位(いわゆる肩書き)、電話番号、やアドレスを記載つるのが通常です。最近では国際色が強く、裏側が英語表記になっているタイプのものもあります。また、印刷技術の高度化により、自分の顔写真やWebサイトのURLやメールアドレスを記載しているものもあります。

通常は厚めの紙が用いられ、一般的なものは人の手よりも小さく、携帯性がよいサイズで統一されています。

日本では仕事での初対面の場合、交換を行う慣習が定着しており、東南アジア諸国でも同様です、逆に欧米では名刺の交換自体はあまり行われていなかったが、最近ではアジア圏でのビジネスが増えてことにより、普通に行われるようになってきています。

欧米と日本での交換タイミングはちょっと違います、、欧米では商談等が終わり、分かれる時に氏名や役職、連絡先などの確認を、今後のために交換する場合が多いのですが、、日本では大体商談に入る前に交換をすることが一般的です。

最近のプリンタ機能の向上に伴い、学生でも自分だけのオリジナルなものを簡単につくれるようになっています。

 

名刺の歴史とどう使われていたか。

名刺はサラリーマンには、欠かせないものですし、事業をしている個人でも欠かせないものでしょう。使われているのはアジア圏が多くて中国や台湾、韓国や日本などでしょう。もちろん紹介の道具ですので名前をいちばん大きくして、住所や電話番号を下の方に小さく書くのが普通でしょう。また裏側には英語表記が成されたりしていますね。外国人との接触も意識されています。今ではそういうことが多いので、裏が英語の名刺はよく見られます。

私も貿易関係の仕事でしたから、裏は英語でした。今はもうインターネットが盛んに使われていて、スマホもあり商売に欠かせないものですので、代わりにメールでのやり取りがおもになっているようですね。だんだん廃れていくのかもしれません。というよりも紙ではなくて同じようなものをメールでやり取りするのでしょう。写真入のものありますが、何とフランスで最初に1850年ごろ特許を取っているそうで、その頃はパーティで使われていたそうです。

また他の国例えばロシアやドイツでも貿易に限って使っていたとか。そのように歴史的にも面白い流れで今に至っているということですね。

Pocket

高校生名刺とは自らの名前、連絡先を記した手のひらサイズのカードのことで、主にビジネスの場で、自己紹介、或いは連絡先を相手に伝えるために用いられています。もともとは、ビジネスなどの公の場で使われていたものでしたが、近年では交友関係を広げようと勤める学生をはじめ、職を持たない主婦や中高生の間でも名刺を持つことは珍しくなく、日本の社会ではすっかり浸透しています

顔写真やイラスト、自分独自のマークをデザインし施したりして、オリジナリティー溢れる名刺を作り楽しんでいる人が増えています。名刺を作る方法も様々あり、法人や団体が一括し同じデザインでメンバー全員のものを作成することがある一方、個人レベルでも、製作会社にお願いすることで、オリジナルの名刺を作ることができます。最近では自宅のパソコンで、名刺作成ソフトを使ってデザインから印刷まで自分で行ってしまう人も増えています。もちろん、デザインだけ引き受けてくれる業者、印刷だけ引き受けてくれる業者もあるので、いかようにも名刺を作成することができます。

日本ではビジネス用途からプライベート用まで一気に広がりを見せている名刺ブームですが、海外では若干事情が異なるようです。アジア諸国では日本同様、ビジネスシーンで最初に名刺交換をするのが一般的ですが、そもそも欧米では、相手の目をしっかり見て握手をすることが、ビジネスの場の挨拶のマナーであり、名刺交換はあまり重要視されません。とはいうものの、ビジネスの場が国境や海を越えてボーダーレスとなっている昨今では、経済成長を遂げるアジアの影響を受け、欧米でも名刺交換が習慣化しつつあるといえます。

 

 

名刺が持つ意味を考える

名刺の役割は、自分の情報を正確に、分かり易く伝える事です。自分に関する最も基本的な、氏名・身分を相手に、即座に分かってもらえます。名刺なしで商談や面談を行うと、双方の情報交換から、始めなければならないので、それだけで相当な時間を費やします。仕事を滞らず行うための、必需品とも言えます。

また、仕事を成功させたり、新しいビジネスチャンスをつかむため、人脈の形成に力を入れる方の、きっかけ作りにも役立ちます。種類として、通常タイプの他に、四隅の角を丸くした角丸タイプや、情報をたくさん入れるための二つ折りにするタイプがあります。アピール度の高い名刺を望む方のために、多くの紙が存在します。

一例として、光珠ピンク・パールカラーグリーン・ハイカラーダイヤ・ハイカラーオーロラ・桧等、多彩です。大きさは長辺91mm短辺55mmサイズが標準です。女性用として、81mm×45mmなど、いくつかのサイズがあります。顔写真を印刷する事もあります。特殊な職業用の名刺も存在し、舞妓さん用には「花名刺」と呼ばれるものもあります。

取り扱う上で、名刺を切らさない事に留意しましょう。せっかくのビジネスチャンスを、無駄にしないよう、細心の心配りが必要です。

 

名刺を作って情報を渡す準備をしておく

人とやり取りをすることになると、時間が必要になります。しかし、その時間がない時に名刺を渡しておくようにしておくことができるようになると、連絡をとることができるきっかけを与えるようになります。後日連絡を取るためにも、そのような物を持っておくと便利です。もちろん、時間があれば、情報をやり取りしながら伝えていくことができます。しかし、都合よく時間を合わせることが出来るとは限りません。また、それだけでなく、情報は目に見えないものなので、忘れられてしまいます。

名刺のように形として残しておくことができるようになれば、それを再び見返すことが出来るようになります。そうすることによって、仕事の依頼を再度かんがえなおすきっかけを与えることが出来るようになるのです。そのようにして、人が気付いてアクションを起こしやすいようにしておくことができる仕組みを作っていくことは非常に大切なことになるのです。

もしも、集客が不十分だとしたら、そのように情報を上手く伝えきれていないのかもしれません。そのため、それを埋める活動をおこなっていくことが大事です。思い出すことが出来るような仕組みを上手く作っていくことが大事になってきます。